事件番号平成26(ネ)10084
事件名補償金請求控訴事件
裁判所知的財産高等裁判所
裁判年月日平成26年11月26日
事件種別実用新案権・民事訴訟
考案の名称テレホンカード
事案の概要本件は,考案の名称を「テレホンカード」とする実用新案権の設定登録(実用新案登録第2607899号。以下,この実用新案権を「本件実用新案権」という。)を受けた控訴人が,被控訴人が本件実用新案権の実用新案登録出願の出願公開後その設定登録前である平成12年6月30日から設定登録日である平成22年4月2日までの間に被控訴人が原判決別紙物件目録記載の製品(以下「被控訴人製品」という。)を製造販売し,本件実用新案権に係る考案を実施したとして,被控訴人に対し,平成5年法律第26号による改正前の実用新案法(以下「旧実用新案法」という。)13条の3第1項に基づく補償金の一部請求として100億円の一部である100万円及び遅延損害金の支払を求めた事案である。
事件番号平成26(ネ)10084
事件名補償金請求控訴事件
裁判所知的財産高等裁判所
裁判年月日平成26年11月26日
事件種別実用新案権・民事訴訟
考案の名称テレホンカード
事案の概要
本件は,考案の名称を「テレホンカード」とする実用新案権の設定登録(実用新案登録第2607899号。以下,この実用新案権を「本件実用新案権」という。)を受けた控訴人が,被控訴人が本件実用新案権の実用新案登録出願の出願公開後その設定登録前である平成12年6月30日から設定登録日である平成22年4月2日までの間に被控訴人が原判決別紙物件目録記載の製品(以下「被控訴人製品」という。)を製造販売し,本件実用新案権に係る考案を実施したとして,被控訴人に対し,平成5年法律第26号による改正前の実用新案法(以下「旧実用新案法」という。)13条の3第1項に基づく補償金の一部請求として100億円の一部である100万円及び遅延損害金の支払を求めた事案である。