事件番号平成30(ネ)302
事件名謝罪広告等請求控訴事件
裁判所札幌高等裁判所 第3民事部
裁判年月日令和2年2月6日
結果棄却
原審裁判所札幌地方裁判所
原審事件番号平成27(ワ)2233
原審結果棄却
事案の概要本件は,控訴人Xが,被控訴人Yの執筆に係る上記の各論文について,原判決別紙主張対照表1~6の各記述欄に記載された記述が控訴人Xの社会的評価を低下させ,控訴人Xの名誉感情や人格的利益を侵害するものであると主張して,次の(1)(5)の各請求をする事案である。
判示事項の要旨本件は,朝日新聞社の記者であった控訴人が,平成3年の慰安婦に関する記事が捏造であると断定され名誉を棄損されたと主張して,ジャーナリストである被控訴人と同人の記事を掲載した出版社らに対し,損害賠償や謝罪広告の掲載等を求めた事案であるところ,原審と同じく,控訴人の各請求をいずれも棄却した。
事件番号平成30(ネ)302
事件名謝罪広告等請求控訴事件
裁判所札幌高等裁判所 第3民事部
裁判年月日令和2年2月6日
結果棄却
原審裁判所札幌地方裁判所
原審事件番号平成27(ワ)2233
原審結果棄却
事案の概要
本件は,控訴人Xが,被控訴人Yの執筆に係る上記の各論文について,原判決別紙主張対照表1~6の各記述欄に記載された記述が控訴人Xの社会的評価を低下させ,控訴人Xの名誉感情や人格的利益を侵害するものであると主張して,次の(1)(5)の各請求をする事案である。
判示事項の要旨
本件は,朝日新聞社の記者であった控訴人が,平成3年の慰安婦に関する記事が捏造であると断定され名誉を棄損されたと主張して,ジャーナリストである被控訴人と同人の記事を掲載した出版社らに対し,損害賠償や謝罪広告の掲載等を求めた事案であるところ,原審と同じく,控訴人の各請求をいずれも棄却した。