事件番号平成29(ワ)34974等
事件名不正競争防止法に基づく差止等請求事件,損害賠償請求反訴事件
裁判所東京地方裁判所
裁判年月日令和元年11月22日
事件種別不正競争・民事訴訟
事案の概要本件本訴は,被告との間の販売代理契約に基づき,被告から購入した酸素ルーム,酸素カプセル等を販売していた原告が,被告に対し,①被告の運営するウェブサイトに,原告が販売した製品の写真とともに「模造品にご注意ください」,「不具合を生じる例も確認されています。」などと記載した行為及び②原告の顧客に対し,原告の製品が「コピー商品」で「製品保証がされない」と伝えた行為が,原告の営業上の信用を害する虚偽の事実の告知又は流布に当たり,不正競争防止法(以下「不競法」という。)2条1項21号(平成30年法律第33号による改正前の同項15号)に当たると主張して,同法3条1項に基づき,上記各行為の差止めを求めるとともに,同法4条に基づく損害賠償金260万6886円(逸失利益136万9896円,無形損害100万円,弁護士費用23万6990円)及びこれに対する不法行為の後である平成29年6月30日(被告のウェブサイト掲載の最も早い日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求め,併せて,不競法14条に基づく信用回復措置として,被告が運営するウェブサイトへの謝罪広告の掲載を求める事案である。
事件番号平成29(ワ)34974等
事件名不正競争防止法に基づく差止等請求事件,損害賠償請求反訴事件
裁判所東京地方裁判所
裁判年月日令和元年11月22日
事件種別不正競争・民事訴訟
事案の概要
本件本訴は,被告との間の販売代理契約に基づき,被告から購入した酸素ルーム,酸素カプセル等を販売していた原告が,被告に対し,①被告の運営するウェブサイトに,原告が販売した製品の写真とともに「模造品にご注意ください」,「不具合を生じる例も確認されています。」などと記載した行為及び②原告の顧客に対し,原告の製品が「コピー商品」で「製品保証がされない」と伝えた行為が,原告の営業上の信用を害する虚偽の事実の告知又は流布に当たり,不正競争防止法(以下「不競法」という。)2条1項21号(平成30年法律第33号による改正前の同項15号)に当たると主張して,同法3条1項に基づき,上記各行為の差止めを求めるとともに,同法4条に基づく損害賠償金260万6886円(逸失利益136万9896円,無形損害100万円,弁護士費用23万6990円)及びこれに対する不法行為の後である平成29年6月30日(被告のウェブサイト掲載の最も早い日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求め,併せて,不競法14条に基づく信用回復措置として,被告が運営するウェブサイトへの謝罪広告の掲載を求める事案である。