事件番号令和1(行ヒ)252
事件名国民健康保険税処分取消請求控訴,同附帯控訴事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日令和2年6月26日
裁判種別判決
結果その他
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成30(行コ)304
原審裁判年月日平成31年3月27日
事案の概要本件は,加須市長が,国民健康保険税及びその延滞金の滞納処分として,上告人の預金払戻請求権を差し押さえ(以下,これを「本件差押処分」という。),取り立てた金銭を上記国民健康保険税等に係る債権に配当する旨の処分(以下「本件配当処分」という。)をしたことについて,上告人が,上記債権は時効消滅していたなどと主張して,被上告人を相手に,本件配当処分の一部(上告人が延滞金として納付義務を認めている額を超える部分)等の取消しを求めるとともに,当該部分に相当する額の金員の支払を求める事案である。
判示事項被相続人に対して既に納付又は納入の告知がされた地方団体の徴収金につきその納付等を求める旨の相続人に対する通知は地方税法(平成29年法律第45号による改正前のもの)18条の2第1項1号に基づく消滅時効の中断の効力を有しない
事件番号令和1(行ヒ)252
事件名国民健康保険税処分取消請求控訴,同附帯控訴事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日令和2年6月26日
裁判種別判決
結果その他
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成30(行コ)304
原審裁判年月日平成31年3月27日
事案の概要
本件は,加須市長が,国民健康保険税及びその延滞金の滞納処分として,上告人の預金払戻請求権を差し押さえ(以下,これを「本件差押処分」という。),取り立てた金銭を上記国民健康保険税等に係る債権に配当する旨の処分(以下「本件配当処分」という。)をしたことについて,上告人が,上記債権は時効消滅していたなどと主張して,被上告人を相手に,本件配当処分の一部(上告人が延滞金として納付義務を認めている額を超える部分)等の取消しを求めるとともに,当該部分に相当する額の金員の支払を求める事案である。
判示事項
被相続人に対して既に納付又は納入の告知がされた地方団体の徴収金につきその納付等を求める旨の相続人に対する通知は地方税法(平成29年法律第45号による改正前のもの)18条の2第1項1号に基づく消滅時効の中断の効力を有しない
このエントリーをはてなブックマークに追加