事件番号平成31(行ヒ)97
事件名公務員に対する懲戒処分取消等請求事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和2年7月6日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所大阪高等裁判所
原審事件番号平成30(行コ)51
原審裁判年月日平成30年11月9日
事案の概要本件は,兵庫県姫路市の市立中学校(以下「本件中学校」という。)の教諭であった被上告人が,顧問を務める同校柔道部(以下,単に「柔道部」ということがある。)における部員間の暴力行為を伴ういじめの事実を把握しながら,受傷した被害生徒に対し,受診に際して医師に自招事故による旨の虚偽の説明をするよう指示したこと等を理由に,任命権者である兵庫県教育委員会(以下「県教委」という。)から停職6月の懲戒処分(以下「本件処分」という。)を受けたため,本件処分は重きに失するなどと主張して,上告人を相手に,その取消しを求めるとともに,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求める事案である。
判示事項市立中学校の柔道部の顧問である教諭が部員間のいじめの被害生徒に対し受診に際して医師に自招事故による旨の虚偽の説明をするよう指示したこと等を理由とする停職6月の懲戒処分を違法とした原審の判断に違法があるとされた事例
事件番号平成31(行ヒ)97
事件名公務員に対する懲戒処分取消等請求事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和2年7月6日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所大阪高等裁判所
原審事件番号平成30(行コ)51
原審裁判年月日平成30年11月9日
事案の概要
本件は,兵庫県姫路市の市立中学校(以下「本件中学校」という。)の教諭であった被上告人が,顧問を務める同校柔道部(以下,単に「柔道部」ということがある。)における部員間の暴力行為を伴ういじめの事実を把握しながら,受傷した被害生徒に対し,受診に際して医師に自招事故による旨の虚偽の説明をするよう指示したこと等を理由に,任命権者である兵庫県教育委員会(以下「県教委」という。)から停職6月の懲戒処分(以下「本件処分」という。)を受けたため,本件処分は重きに失するなどと主張して,上告人を相手に,その取消しを求めるとともに,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求める事案である。
判示事項
市立中学校の柔道部の顧問である教諭が部員間のいじめの被害生徒に対し受診に際して医師に自招事故による旨の虚偽の説明をするよう指示したこと等を理由とする停職6月の懲戒処分を違法とした原審の判断に違法があるとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加