事件番号平成30(受)1961
事件名損害賠償請求事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日令和2年12月22日
裁判種別判決
結果その他
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成29(ネ)1110
原審裁判年月日平成30年3月23日
事案の概要本件は,東京証券取引所マザーズ(以下「東証マザーズ」という。)に上場された株式会社エフオーアイ(以下「本件会社」という。)の株式を取得した者又はその承継人である上告人らが,本件会社が上記の上場に当たり提出した有価証券届出書に架空売上げの計上による虚偽の記載があったなどと主張して,本件会社等と元引受契約を締結していた金融商品取引業者のうち主幹事会社であったみずほインベスターズ証券株式会社を吸収合併した被上告人(以下,みずほインベスターズ証券及び上記の合併後の被上告人を,合併の前後を問わず「被上告人」という。)に対し,当該株式のうち募集又は売出しに応じて取得したものにつき金融商品取引法(以下「金商法」という。)21条1項4号に基づく損害賠償を請求するなどしている事案である。
判示事項株式の上場に当たり提出された有価証券届出書の財務計算に関する書類に係る部分に虚偽記載があった場合において当該株式の発行者と元引受契約を締結した金融商品取引業者の金融商品取引法21条1項4号の損害賠償責任につき同条2項3号による免責が否定された事例
事件番号平成30(受)1961
事件名損害賠償請求事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日令和2年12月22日
裁判種別判決
結果その他
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成29(ネ)1110
原審裁判年月日平成30年3月23日
事案の概要
本件は,東京証券取引所マザーズ(以下「東証マザーズ」という。)に上場された株式会社エフオーアイ(以下「本件会社」という。)の株式を取得した者又はその承継人である上告人らが,本件会社が上記の上場に当たり提出した有価証券届出書に架空売上げの計上による虚偽の記載があったなどと主張して,本件会社等と元引受契約を締結していた金融商品取引業者のうち主幹事会社であったみずほインベスターズ証券株式会社を吸収合併した被上告人(以下,みずほインベスターズ証券及び上記の合併後の被上告人を,合併の前後を問わず「被上告人」という。)に対し,当該株式のうち募集又は売出しに応じて取得したものにつき金融商品取引法(以下「金商法」という。)21条1項4号に基づく損害賠償を請求するなどしている事案である。
判示事項
株式の上場に当たり提出された有価証券届出書の財務計算に関する書類に係る部分に虚偽記載があった場合において当該株式の発行者と元引受契約を締結した金融商品取引業者の金融商品取引法21条1項4号の損害賠償責任につき同条2項3号による免責が否定された事例
このエントリーをはてなブックマークに追加