事件番号平成31(受)427
事件名遺言無効確認請求本訴,死因贈与契約存在確認等請求反訴事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和3年1月18日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所名古屋高等裁判所
原審事件番号平成30(ネ)464
原審裁判年月日平成30年10月26日
事案の概要本件の本訴請求は,亡Aが作成した平成27年4月13日付け自筆証書(以下「本件遺言書」という。)による遺言(以下「本件遺言」という。)について,被上告人らが,本件遺言書に本件遺言が成立した日と相違する日の日付が記載されているなどと主張して,上告人らに対し,本件遺言が無効であることの確認等を求めるものである。
判示事項自筆遺言証書に真実遺言が成立した日と相違する日の日付が記載されているからといって同証書による遺言が無効となるものではないとされた事例
事件番号平成31(受)427
事件名遺言無効確認請求本訴,死因贈与契約存在確認等請求反訴事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和3年1月18日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所名古屋高等裁判所
原審事件番号平成30(ネ)464
原審裁判年月日平成30年10月26日
事案の概要
本件の本訴請求は,亡Aが作成した平成27年4月13日付け自筆証書(以下「本件遺言書」という。)による遺言(以下「本件遺言」という。)について,被上告人らが,本件遺言書に本件遺言が成立した日と相違する日の日付が記載されているなどと主張して,上告人らに対し,本件遺言が無効であることの確認等を求めるものである。
判示事項
自筆遺言証書に真実遺言が成立した日と相違する日の日付が記載されているからといって同証書による遺言が無効となるものではないとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加