事件番号令和2(受)645
事件名遺言有効確認請求事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日令和3年4月16日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所大阪高等裁判所
原審事件番号令和1(ネ)2009
原審裁判年月日令和元年12月20日
事案の概要本件は,上告人が,被上告人に対し,両名の母であるAを遺言者とする平成20年4月17日付け自筆証書(以下「本件遺言書」という。)による遺言(以下「本件遺言」という。)が有効であることの確認を求める事案である。
判示事項相続人YがAの遺産について相続分を有することを前提とする前訴判決が他の相続人Xとの間で確定するなどしていた場合において,Xが自己に遺産全部を相続させる旨のAの遺言の有効確認をYに対して求める訴えを提起することが信義則に反するとはいえないとされた事例
事件番号令和2(受)645
事件名遺言有効確認請求事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日令和3年4月16日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所大阪高等裁判所
原審事件番号令和1(ネ)2009
原審裁判年月日令和元年12月20日
事案の概要
本件は,上告人が,被上告人に対し,両名の母であるAを遺言者とする平成20年4月17日付け自筆証書(以下「本件遺言書」という。)による遺言(以下「本件遺言」という。)が有効であることの確認を求める事案である。
判示事項
相続人YがAの遺産について相続分を有することを前提とする前訴判決が他の相続人Xとの間で確定するなどしていた場合において,Xが自己に遺産全部を相続させる旨のAの遺言の有効確認をYに対して求める訴えを提起することが信義則に反するとはいえないとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加