事件番号令和1(受)1287
事件名損害賠償請求事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日令和3年4月26日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所福岡高等裁判所
原審事件番号平成30(ネ)167
原審裁判年月日平成31年4月15日
事案の概要本件は,上告人らが,被上告人に対し,HBe抗原陰性慢性肝炎を発症したことにより精神的・経済的損害等を被ったと主張して,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求める事案である。
判示事項乳幼児期に受けた集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染しHBe抗原陽性慢性肝炎の発症,鎮静化の後にHBe抗原陰性慢性肝炎を発症したことによる損害につき,HBe抗原陽性慢性肝炎の発症の時ではなく,HBe抗原陰性慢性肝炎の発症の時が民法(平成29年法律第44号による改正前のもの)724条後段所定の除斥期間の起算点となるとされた事例
事件番号令和1(受)1287
事件名損害賠償請求事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日令和3年4月26日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所福岡高等裁判所
原審事件番号平成30(ネ)167
原審裁判年月日平成31年4月15日
事案の概要
本件は,上告人らが,被上告人に対し,HBe抗原陰性慢性肝炎を発症したことにより精神的・経済的損害等を被ったと主張して,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求める事案である。
判示事項
乳幼児期に受けた集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染しHBe抗原陽性慢性肝炎の発症,鎮静化の後にHBe抗原陰性慢性肝炎を発症したことによる損害につき,HBe抗原陽性慢性肝炎の発症の時ではなく,HBe抗原陰性慢性肝炎の発症の時が民法(平成29年法律第44号による改正前のもの)724条後段所定の除斥期間の起算点となるとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加