事件番号平成31(受)290
事件名損害賠償請求事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和3年5月17日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所大阪高等裁判所
原審事件番号平成28(ネ)987
原審裁判年月日平成30年8月31日
事案の概要本件は,被上告人らが,①上告人国に対し,建設作業従事者が石綿含有建材から生ずる石綿粉じんにばく露することを防止するために上告人国が労働安全衛生法(以下「安衛法」という。)に基づく規制権限を行使しなかったことが違法であるなどと主張して,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求めるとともに,②上告人株式会社ケイミュー及び同株式会社クボタ(以下,併せて「上告人建材メーカーら」という。)に対し,上告人建材メーカーらが石綿含有建材から生ずる粉じんにばく露すると石綿関連疾患にり患する危険があること等を表示することなく石綿含有建材を製造販売したことによりAが中皮腫にり患したと主張して,不法行為に基づく損害賠償を求める事案である。
判示事項1 厚生労働大臣が建設現場における石綿関連疾患の発生防止のために労働安全衛生法に基づく規制権限を行使しなかったことが屋外の建設作業従事者との関係において国家賠償法1条1項の適用上違法とはいえないとされた事例
2 建材メーカーが,自らの製造販売する石綿含有建材を使用する屋外の建設作業従事者に対し,上記石綿含有建材に当該建材から生ずる粉じんにばく露すると重篤な石綿関連疾患にり患する危険があること等の表示をすべき義務を負っていたとはいえないとされた事例
事件番号平成31(受)290
事件名損害賠償請求事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和3年5月17日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所大阪高等裁判所
原審事件番号平成28(ネ)987
原審裁判年月日平成30年8月31日
事案の概要
本件は,被上告人らが,①上告人国に対し,建設作業従事者が石綿含有建材から生ずる石綿粉じんにばく露することを防止するために上告人国が労働安全衛生法(以下「安衛法」という。)に基づく規制権限を行使しなかったことが違法であるなどと主張して,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を求めるとともに,②上告人株式会社ケイミュー及び同株式会社クボタ(以下,併せて「上告人建材メーカーら」という。)に対し,上告人建材メーカーらが石綿含有建材から生ずる粉じんにばく露すると石綿関連疾患にり患する危険があること等を表示することなく石綿含有建材を製造販売したことによりAが中皮腫にり患したと主張して,不法行為に基づく損害賠償を求める事案である。
判示事項
1 厚生労働大臣が建設現場における石綿関連疾患の発生防止のために労働安全衛生法に基づく規制権限を行使しなかったことが屋外の建設作業従事者との関係において国家賠償法1条1項の適用上違法とはいえないとされた事例
2 建材メーカーが,自らの製造販売する石綿含有建材を使用する屋外の建設作業従事者に対し,上記石綿含有建材に当該建材から生ずる粉じんにばく露すると重篤な石綿関連疾患にり患する危険があること等の表示をすべき義務を負っていたとはいえないとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加