事件番号令和2(行ヒ)102
事件名情報不開示決定取消等請求事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日令和3年6月15日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成31(行コ)123
原審裁判年月日令和元年11月20日
事案の概要本件は,東京拘置所に未決拘禁者として収容されていた上告人が,行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(以下「行政機関個人情報保護法」という。)に基づき,東京矯正管区長に対し,収容中に上告人が受けた診療に関する診療録に記録されている保有個人情報(以下「本件情報」という。)の開示を請求したところ,同法45条1項所定の保有個人情報に当たり,開示請求の対象から除外されているとして,その全部を開示しない旨の決定(以下「本件決定」という。)を受けたことから,被上告人を相手に,その取消しを求めるとともに,国家賠償法1条1項に基づき慰謝料等の支払を求める事案である。
判示事項刑事施設に収容されている者が収容中に受けた診療に関する保有個人情報は,行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律45条1項所定の保有個人情報に当たらない
事件番号令和2(行ヒ)102
事件名情報不開示決定取消等請求事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日令和3年6月15日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号平成31(行コ)123
原審裁判年月日令和元年11月20日
事案の概要
本件は,東京拘置所に未決拘禁者として収容されていた上告人が,行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(以下「行政機関個人情報保護法」という。)に基づき,東京矯正管区長に対し,収容中に上告人が受けた診療に関する診療録に記録されている保有個人情報(以下「本件情報」という。)の開示を請求したところ,同法45条1項所定の保有個人情報に当たり,開示請求の対象から除外されているとして,その全部を開示しない旨の決定(以下「本件決定」という。)を受けたことから,被上告人を相手に,その取消しを求めるとともに,国家賠償法1条1項に基づき慰謝料等の支払を求める事案である。
判示事項
刑事施設に収容されている者が収容中に受けた診療に関する保有個人情報は,行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律45条1項所定の保有個人情報に当たらない
このエントリーをはてなブックマークに追加