事件番号令和3(受)919
事件名共有持分権確認請求事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日令和4年4月12日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和2(ネ)3172
原審裁判年月日令和3年3月2日
事案の概要上告人は、被上告人に対し、第1審判決別紙物件目録記載の建物(以下「本件建物」という。)について上告人が共有持分権を有することの確認を求める旨を訴状に記載して、本件訴えを提起した。上告人は権利能力のない社団であり、上記訴状にもそのことが記載されていた。
第1審において、上告人は、本件建物の建築時に上告人及び被上告人を含む3町内会の間で本件建物をその3町内会の共有とする旨の合意(以下「本件合意」という。)がされた旨主張した。これに対し、被上告人は、本件合意がされた事実はないから、上告人は本件建物の共有持分権を有しない旨主張した。
第1審は、本件合意の存否が本件の争点であり、本件合意があったと認められるとして、本件請求を認容する判決をし、被上告人が控訴した。
原審においても、上告人及び被上告人は、専ら本件合意の存否に関する主張をした。
第1審及び原審において、上告人が本件建物の共有持分権の主体となり得るか否かという点について主張がされることはなく、この点が問題とされることもなかった。
判示事項権利能力のない社団であるXが提起した建物の共有持分権確認請求訴訟において控訴審がXの請求につき共有持分権の構成員全員への総有的帰属の確認を求める趣旨か否かについて釈明権を行使することなく棄却したことに違法があるとされた事例
事件番号令和3(受)919
事件名共有持分権確認請求事件
裁判所最高裁判所第三小法廷
裁判年月日令和4年4月12日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和2(ネ)3172
原審裁判年月日令和3年3月2日
事案の概要
上告人は、被上告人に対し、第1審判決別紙物件目録記載の建物(以下「本件建物」という。)について上告人が共有持分権を有することの確認を求める旨を訴状に記載して、本件訴えを提起した。上告人は権利能力のない社団であり、上記訴状にもそのことが記載されていた。
第1審において、上告人は、本件建物の建築時に上告人及び被上告人を含む3町内会の間で本件建物をその3町内会の共有とする旨の合意(以下「本件合意」という。)がされた旨主張した。これに対し、被上告人は、本件合意がされた事実はないから、上告人は本件建物の共有持分権を有しない旨主張した。
第1審は、本件合意の存否が本件の争点であり、本件合意があったと認められるとして、本件請求を認容する判決をし、被上告人が控訴した。
原審においても、上告人及び被上告人は、専ら本件合意の存否に関する主張をした。
第1審及び原審において、上告人が本件建物の共有持分権の主体となり得るか否かという点について主張がされることはなく、この点が問題とされることもなかった。
判示事項
権利能力のない社団であるXが提起した建物の共有持分権確認請求訴訟において控訴審がXの請求につき共有持分権の構成員全員への総有的帰属の確認を求める趣旨か否かについて釈明権を行使することなく棄却したことに違法があるとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加