事件番号令和2(行ヒ)303
事件名法人税更正処分等取消請求事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和4年4月21日
裁判種別判決
結果棄却
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和1(行コ)213
原審裁判年月日令和2年6月24日
判示事項1 法人税法132条1項にいう「これを容認した場合には法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義
2 組織再編成に係る一連の取引の一環として行われた金銭の借入れが法人税法132条1項にいう「これを容認した場合には法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」には当たらないとされた事例
事件番号令和2(行ヒ)303
事件名法人税更正処分等取消請求事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和4年4月21日
裁判種別判決
結果棄却
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和1(行コ)213
原審裁判年月日令和2年6月24日
判示事項
1 法人税法132条1項にいう「これを容認した場合には法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義
2 組織再編成に係る一連の取引の一環として行われた金銭の借入れが法人税法132条1項にいう「これを容認した場合には法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」には当たらないとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加