事件番号令和2(受)1442
事件名投稿記事削除請求事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日令和4年6月24日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和1(ネ)4733
原審裁判年月日令和2年6月29日
事案の概要本件は、上告人が、ツイッター(インターネットを利用してツイートと呼ばれる140文字以内のメッセージ等を投稿することができる情報ネットワーク)のウェブサイトに投稿された第1審判決別紙投稿記事目録記載5から16まで、18及び19の各ツイート(以下「本件各ツイート」という。)により、上告人のプライバシーに属する事実をみだりに公表されない利益等が侵害されていると主張して、ツイッターを運営する被上告人に対し、人格権ないし人格的利益に基づき、本件各ツイートの削除を求める事案である。
判示事項ある者のプライバシーに属する事実を摘示するツイートがされた場合にその者がツイッターの運営者に対して上記ツイートの削除を求めることができるとされた事例
事件番号令和2(受)1442
事件名投稿記事削除請求事件
裁判所最高裁判所第二小法廷
裁判年月日令和4年6月24日
裁判種別判決
結果破棄自判
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和1(ネ)4733
原審裁判年月日令和2年6月29日
事案の概要
本件は、上告人が、ツイッター(インターネットを利用してツイートと呼ばれる140文字以内のメッセージ等を投稿することができる情報ネットワーク)のウェブサイトに投稿された第1審判決別紙投稿記事目録記載5から16まで、18及び19の各ツイート(以下「本件各ツイート」という。)により、上告人のプライバシーに属する事実をみだりに公表されない利益等が侵害されていると主張して、ツイッターを運営する被上告人に対し、人格権ないし人格的利益に基づき、本件各ツイートの削除を求める事案である。
判示事項
ある者のプライバシーに属する事実を摘示するツイートがされた場合にその者がツイッターの運営者に対して上記ツイートの削除を求めることができるとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加