事件番号令和3(行ヒ)283
事件名固定資産評価審査決定取消等請求事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和4年9月8日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所大阪高等裁判所
原審事件番号令和2(行コ)152
原審裁判年月日令和3年6月11日
事案の概要本件は、ゴルフ場の用に供されている兵庫県丹波市所在の一団の土地(第1審判決別紙1物件目録記載1~38の各土地。以下「本件各土地」という。)に係る固定資産税の納税義務者である上告人が、土地課税台帳に登録された本件各土地の平成30年度の価格を不服として丹波市固定資産評価審査委員会(以下「本件委員会」という。)に審査の申出をしたところ、これを棄却する旨の審査の決定(以下「本件決定」という。)を受けたことから、上記価格の適否に関する本件決定の判断に誤りがあるなどと主張して、被上告人を相手に、本件決定のうち上告人が適正な時価と主張する価格を超える部分の取消しを求めるとともに、国家賠償法1条1項に基づき、弁護士費用相当額等の損害賠償を求める事案である。
判示事項固定資産課税台帳に登録された土地の価格についての審査の申出を棄却する旨の審査の決定をした固定資産評価審査委員会の委員に職務上の注意義務違反が認められないとした原審の判断に違法があるとされた事例
事件番号令和3(行ヒ)283
事件名固定資産評価審査決定取消等請求事件
裁判所最高裁判所第一小法廷
裁判年月日令和4年9月8日
裁判種別判決
結果破棄差戻
原審裁判所大阪高等裁判所
原審事件番号令和2(行コ)152
原審裁判年月日令和3年6月11日
事案の概要
本件は、ゴルフ場の用に供されている兵庫県丹波市所在の一団の土地(第1審判決別紙1物件目録記載1~38の各土地。以下「本件各土地」という。)に係る固定資産税の納税義務者である上告人が、土地課税台帳に登録された本件各土地の平成30年度の価格を不服として丹波市固定資産評価審査委員会(以下「本件委員会」という。)に審査の申出をしたところ、これを棄却する旨の審査の決定(以下「本件決定」という。)を受けたことから、上記価格の適否に関する本件決定の判断に誤りがあるなどと主張して、被上告人を相手に、本件決定のうち上告人が適正な時価と主張する価格を超える部分の取消しを求めるとともに、国家賠償法1条1項に基づき、弁護士費用相当額等の損害賠償を求める事案である。
判示事項
固定資産課税台帳に登録された土地の価格についての審査の申出を棄却する旨の審査の決定をした固定資産評価審査委員会の委員に職務上の注意義務違反が認められないとした原審の判断に違法があるとされた事例
このエントリーをはてなブックマークに追加