事件番号令和4(行ツ)130
事件名選挙無効請求事件
裁判所最高裁判所大法廷
裁判年月日令和5年1月25日
裁判種別判決
結果棄却
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和3(行ケ)29
原審裁判年月日令和4年2月14日
事案の概要本件は、令和3年10月31日施行の衆議院議員総選挙(以下「本件選挙」という。)について、東京都第5区、同第8区、同第9区、同第18区及び神奈川県第15区の選挙人である上告人らが、衆議院小選挙区選出議員の選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから、これに基づき行われた本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効であるなどと主張して提起した選挙無効訴訟である。
判示事項令和3年10月31日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法(令和4年法律第89号による改正前のもの)13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
事件番号令和4(行ツ)130
事件名選挙無効請求事件
裁判所最高裁判所大法廷
裁判年月日令和5年1月25日
裁判種別判決
結果棄却
原審裁判所東京高等裁判所
原審事件番号令和3(行ケ)29
原審裁判年月日令和4年2月14日
事案の概要
本件は、令和3年10月31日施行の衆議院議員総選挙(以下「本件選挙」という。)について、東京都第5区、同第8区、同第9区、同第18区及び神奈川県第15区の選挙人である上告人らが、衆議院小選挙区選出議員の選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから、これに基づき行われた本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効であるなどと主張して提起した選挙無効訴訟である。
判示事項
令和3年10月31日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法(令和4年法律第89号による改正前のもの)13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
このエントリーをはてなブックマークに追加